BakedCMS

スポンサーリンク

CakePHPベースのCMS、BakedCMSの紹介です。
ざっと見てみましたが、同じくCakeベースのbaserCMSよりわかりやすい作りのような気がします。

インストール方法はCakePHP2のインストールと同じですが、以下のパーミッション設定が必要です。
my.php 606(又は600)
app/tmp 以下の全てのディレクトリ 707(又は700)
app/webroot/files 以下の全てのディレクトリ 707(又は700)

これだけ設定して、トップページにアクセスすると、インストール用ページが表示されますので、その指示に従っていけばインストール完了です。
各種設定に関してはmy.phpに書かれたものが使われますが、これはセットアップページや管理ページで編集できます。(マニュアルにはapp/my.phpとあるがルートにあります)

まず、通常の管理画面もあり、そこからの操作も必要ですが、通常のページの編集はESCボタンを3回押すことで編集モードに入り、編集したい箇所にマウスを移動するだけで編集が可能になります。
固定ページは、ページごとに設定されるブロックという単位で追加、編集することで構成していきます。
また、ブログ機能も用意されているので、ニュースリリースなどでしたらそのまま実装が可能です。
テーマもデフォルトいくつか用意されており、管理画面上からCSSやテンプレートも編集が可能です。ベースとなるテーマもあるので、これを利用すればカスタマイズも比較的に容易です。
コーポレートサイト程度であれば、管理画面上だけで十分に作成可能だと思います。

テーマやブロックはpluginの形で提供されているので、これらを追加、拡張していけば新たな機能を追加することも容易でしょう。
作成方法はこちらのWikiに記載があります。

これだけ用意されていれば十分ではありますが、残念ながら更新が2014年1月で止まってしまっています。
今後どれだけのサポートがあるかどうかは不明ですが、かなりいいCMSだと思いますので機会があればぜひ使ってみたいところです。

タイトルとURLをコピーしました