CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

[TortoiseGit]勝手に改行コードが変わる件

TortoiseGitでチェックアウトしたファイルの改行コードがなぜか代わってしまうことがあった。

編集はWindows。動作確認はLinuxで行っているので、改行コードが書き換わると動かなくなってしまいます。

どうやら、Gitのセットアップ時に改行コードのコンバートに関する設定があったようです。

・Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings
チェックアウト時にLFをCRLFに変換、コミット時にCRLFをLFに変換。
・Checkout as-is, commit Unix-style line endings
チェックアウト時は変換なし、コミット時はCRLFをLFに変換。
・Checkout as-is, commit as-is
チェックアウト時、コミット時ともに改行コードの変換なし。

Windows上のクロスプラットフォームでは一番上が推奨らしいですが、大きなお世話ですね。
文字コードぐらい自分で管理するっつうの!

TortogisGitでの設定は設定->Git->自動改行コード変換 で行えるようです。
設定のでどころをシステム等をチェックして、AutoCrlfのチェックを外し、OKボタンで変更できるようです。

コメントは受け付けていません。