VSCodeにコンテナ内のPHPを指定する方法

vscode_logo

VSCodeでPHP IntelliSenseを有効化すると、こんな画面が表示される場合があります。

php executagle path
通常はsetting.jsonにphpのバイナリがある場所を指定すればOKです。

ですがPHPをDockerで動かしている場合、そもそもローカルにはPHPのバイナリがないため何を指定していいのかわかりません。
こういった場合、ローカルPCにPHPをインストールして、そのパスを指定する…という解決方法が示されているかと思います。

これでも大抵の場合は問題ないのかもしれませんが、ローカルのPHPとDocker内のPHPのバージョンが不一致になってしまう場合があるので、あまり良い解決方法とは言えません。

ということで、コンテナ内のPHPを何とか指定する方法をやってみます。

まず、setting.json を以下のようにします。

{
"php.validate.executablePath": "./php.sh"
}

※追記
setting.jsonだとほかのプロジェクトにも影響してしまうので、プロジェクトごとのcode-workspace設定のところに書いたほうがいいと思います。

次に、プロジェクトのワーキングディレクトリに php.shファイルを作り以下のようにします。

#!/bin/sh
docker-compose exec PHPコンテナ名 php "$@"
return $?

ワーキングディレクトリがにdocker-compose.ymlがない場合はdocker-composeが実行できないので、実行できる位置にcdコマンドを付ける必要があるかもしれません。
php.shに実行権限をつけましょう

chmod +x php.sh

試しに、スクリプト経由でバージョンを取得してみましょう

./php.sh -v
PHP 8.0.12 (cli) (built: Oct 22 2021 12:35:27) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.0.12, Copyright (c) Zend Technologies
with Zend OPcache v8.0.12, Copyright (c), by Zend Technologies
with Xdebug v3.1.1, Copyright (c) 2002-2021, by Derick Rethans

VSCodeでコーディングをしてみて、PHPの入力補完もできるようになっているはずです。

今回はLinuxだったので試しませんでしたが、Windowsでもbatファイルにして同じようなことをしてあげれば解決できるかと思われます。

当然ですが、コンテナが動いていないと動きません。

 

Amazon.co.jp: PHP本格入門[上] ~プログラミングとオブジェクト指向の基礎からデータベース連携まで eBook : 大家 正登: 本
Amazon.co.jp: PHP本格入門[上] ~プログラミングとオブジェクト指向の基礎からデータベース連携まで eBook : 大家 正登: 本
PHPフレームワーク Laravel実践開発 | 津耶乃, 掌田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで津耶乃, 掌田のPHPフレームワーク Laravel実践開発。アマゾンならポイント還元本が多数。津耶乃, 掌田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またPHPフレームワーク Laravel実践開発もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました