CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

MySQL5.7をCentOS7にインストールする

最近、mariaDBばっかり使っていたのですが、プロジェクトで新し目のMySQLを使うことになったのでインストール手順をまとめてみた。

 

スポンサードリンク

旧バージョンの削除

mariaDBがすでに入っている場合は削除しておきます。

# yum remove mariadb-libs
# rm -rf /var/lib/mysql/

共存はできない?できても難しいと思いますので、分けたほうが良いでしょう。

 

 

リポジトリの追加

CentOSのデフォルトのリポジトリにはなかったので、Mysql公式のyumリポジトリを利用するために、以下のコマンドを入れます。

# yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

起動設定

インストールが問題なく終了したら、OS起動時に自動起動するように設定します。

# systemctl enable mysqld.service

インストール直後は起動していないので下記のコマンドで起動させます。

# systemctl start mysqld.service

なお、パスワードについてはrootのパスワードが/var/log/mysqld.log に出力されているのでそれを確認します。

#cat /var/log/mysqld.log | grep "temporary password"

パスワードやその他の設定

パスワード設定

パスワードの変更については、mysqlにログイン後以下のようなコマンドでできます。

#mysql -u root -p
mysql> set password for root@localhost=password('設定したいパスワード');

因みに、パスワードの基準がかなり厳しいようで、数字や記号が入っていないとリジェクトされます。いつも使っているパスワードが設定できない~。ローカルの開発用だから厳しくなくてよいっていう場合は、
以下のように設定してからパスワードを設定しなおすとよいかと思います。パスワードは4文字以上で文字列チェックを最低にしています。これで”password”とかに設定してても通るかと思います。

スポンサードリンク
mysql> SET GLOBAL validate_password_length=4;
mysql> SET GLOBAL validate_password_policy=LOW;

デフォルト文字コード設定

デフォルトの文字コードが変なのになっていて、毎回変更するのが面倒なので
/etc/my.conf の各セクションに以下の設定を追記して、再起動するとよいでしょう。

[mysqld]
character-set-server=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8
# service mysqld restart

とりあえずこれで一通り動くようになるはずです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。