CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

Gitlabのせいでディスクフルになった

Gitlabをソース管理で使っていたのですが、インストールしてあるサーバーがディスクフルになってしまってデータベースが動かなくなってしまいました。

原因は・・・・
GitLabのバックアップにありました。

CentOS7
GitLab Community Edition 11.3.4

スポンサードリンク

バックアップ自体はこのフォルダにあったのですが
/var/opt/gitlab/backups
すでにいっぱいいっぱいだったので、とりあえず、古い方のバックアップを手動で削除。

GitLabがどういう設定になっているのか調べてみると・・・・
vi /etc/gitlab/gitlab.rb
# gitlab_rails[‘backup_keep_time’] = 604800
なんとコメントアウトされていました。
デフォルトが何日分なのかちょっとわかりませんでしたが、少なくとも半年以上はありました。

この設定だと、1週間分のバックアップを取る設定のようなので、まぁこれでよいかということでコメントアウトを外し、

#gitlab-ctl reconfigure
#gitlab-ctl restart

バックアップ処理はCronでやっているようなので、1日以上経過後に再度確認して、古いバックアップが削除されていればOKです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。