Zabbix agent でmysql監視

スポンサーリンク

Zabbix agent でmysqlを監視する場合の手順です。

まず、クライアント側

/var/lib/zabbix/.my.cnf を作成
mkdir /var/lib/zabbix
vim /var/lib/zabbix/.my.cnf
.my.cnf に次の内容を記述します。すべて監視対象側の情報を記載します。
[client]
host=localhost
user=hoge
password=mysqluserpassword
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

念のため.my.cnf の所有者、パーミッションを設定 所有者とグループを zabbix にして、パーミッションはきつくしてユーザのみ読み込み可能にしておきます。
chown zabbix:zabbix /var/lib/zabbix/.my.cnf
chmod 400 /var/lib/zabbix/.my.cnf

次にサーバー側

zabbix サーバーはインストール済みとします。

設定->ホスト->ホストの作成 を選択
ホストタブ
ホスト名や表示名、エージェントのIPアドレスを指定します。
テンプレートタブ
新規テンプレートをリンクの選択をクリックし、リストからTemplate App MySQLを選択。追加のリンクを押して保存します。

これでOKです。再起動などは特に不要です。
mysql関連の監視が開始されているはずです。

タイトルとURLをコピーしました