CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

WindowsでHDDやネットワークドライブの表示がやたらと遅い

HDDやネットワークドライブの表示がやたらと遅いことがあります。

200MB/Sec出ていた速度が急に0.5MB/secまで落ちました。
なんでだ?と思っていましたが原因判明。

理由
「フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する」がONになっていたから。

これは何かというと、フォルダの中にあるファイルサイズの総数を表示してくれる機能です。
ファイル数が少ない場合は問題ないのですが、それなりの数があると集計に時間がかかり、その間、激しくディスクアクセスが起こるため
動作が不安定になるようです。
写真や動画などが大量にあるフォルダを表示したときや、ネットワークドライブで特にひどくなるようです。

ということでこれをOFFにする方法。

エクスプローラを開く
表示タブを選択して、ツールバーからオプションを選択
フォルダーオプションウィンドウの表示タブの中にある
「フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する」 のチェックを外す

これで無駄なアクセスがなくなり速度低下することがなくなります。

いや、昔OFFにしたような気がするんだけど…Windows10にアップしたときに復活したんだろうか?
こんなものは100害あって1利なしなのでデフォルトOFFにしてもらいたいですね。

コメントは受け付けていません。