VirtualBox&Vagrantで爆速Laravel環境構築

スポンサーリンク
Laravelロゴ

LaravelなどのWebサーバーの開発環境を構築するのは、プログラミング初心者にはかなり難しい作業です。
Windows/Mac環境であれば、XAMPPを使うのが一番早いのですが、直接インストールするのはさけたいとか、PHPのバージョンを管理したいなどという場合も多いと思います。今はDockerを使ってコンテナで管理するのがはやっていますが、Dockerもいろいろ面倒ごとが多く、特にWindowsとの相性が悪いです。

ということで、ホストと完全に分離できる、仮想環境を使うのがおすすめです。
また、本番環境ではWindowsやMacを使うことはほぼなく、基本的にUnix/Linuxベースの何等かのOSを使うことになりますので、操作に慣れておいた方が良いと思います。
VirtualBoxとVagrantを使ってLaravel Homesteadを導入する方法を記事にしたいと思います。

 

環境構築

今回使うアプリケーションはVirtualBoxとVagrantになりますので、あらかじめインストールしておいてください。
WindowsであればGitもインストールしておいてください。
今回あまり深くは触れませんが、実際に使う環境でダウンロードサイトに飛んでもらえば適切なファイルが選択されるはずです。後は、一般的なアプリケーションのインストール手順に従って作業すれば特に問題はないはずです。

ダウンロード先は以下になります。

 

それでは、次のページでは実際にVagrantを使ってLaravel Homesteadの導入を行ってみます。

 

タイトルとURLをコピーしました