QNAP TS-231Pレビュー

スポンサーリンク

自宅のファイルサーバーが不安定になってきたので、NASを導入してみました。

購入したのは QNAP TS-231P

HDDはウエスタンデジタルのREDを2台入れてみました。
WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm

ハードウェアのインストール
HDDベイを外してねじ止めして装着。
LANケーブルをハブに接続します。2口ありますが通常は使うのは1口です。
2つ指すと異なるセグメントで並行してダウンロードできるので速度向上が望めるらしいです。
後は電源を指して電源ボタンを押せばOKです。
何度かビープ音が鳴りますが気にせず待ちましょう。

ソフトウェアの設定
こまかい設定は基本的にWebで行いますが、IPアドレスがわからないのでアクセスできません。
なので公式サイトからQNAP Finderをダウンロードして起動します。
リストに接続したNASが出るので選択すると設定のWEB画面に飛びます。

後は指示通りにクリックしていけば特に迷うところはないと思います。

最低限の設定
ログインするとこんな画面が表示されます。

必要最低限の設定はコントロールパネルにあります。
以下の設定は必須だと思われます。

権限設定
ユーザーの作成
共有フォルダの設定

一般設定
通知(障害発生時にメール通知を行う)

アプリケーション
アンチウイルス

ストレージマネージャー
->ディスク->ディスク健康状態->設定 で定期的なディスク検査の設定。とりあえず簡易テストは毎日、完全テストは週1に設定してみました。

バックアップマネージャ
必要であれば外部ストレージに定期的にバックアップを取ることをお勧めします。※RAIDはバックアップではない!

タイトルとURLをコピーしました