CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

よく使うビットコインウォレットコマンド

よく使うビットコインウォレットコマンド
ちょっといじってみたときのメモ書きです。

スポンサードリンク

アプリケーション名は違うけど、他の仮装通貨でもbitcoinのソースを使っているので、コマンド体系は基本的にほぼ同じようです。

[]は必須項目、<>の部分はオプショナルです。
bitcoin以外の仮装通貨も、bitcoinをfokeして作っているのででコマンド体系は基本同じ。

ブロック情報取得
bitcoin-cli getinfo

新しいアドレスを取得
bitcoin-cli getnewaddress < アカウント名>

残高照会
bitcoin-cli getbalance < アカウント名>

残高詳細
bitcoin-cli listunspent

アドレスからアカウント取得
bitzeny-cli getaccount [アドレス]

アカウントからアドレス取得
bitcoin-cli getaddressesbyaccount [アカウント]
※アカウント名なしで作成したアドレスはアカウント名を””にする。
bitcoin-cli getaddressesbyaccount “”

スポンサードリンク

アカウント一覧
bitcoin-cli listaccounts

アカウント一覧(詳細)
bitzeny-cli listreceivedbyaddress 1 true
第1引数 トランザクションの最低承認数
第2引数 一度もBTCを受け取っていないアドレスを表示するか(true or false)

送金
bitcoin-cli sendtoaddress [アドレス] [amount]
※アカウント名なしで作成したアドレスから送金される

アカウントから送金
bitcoin-cli sendfrom [アカウント] [アドレス] [amount]

トランザクション確認
bitcoin-cli gettransaction [トランザクションID]

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。