CodeLab技術ブログ

プログラミング技術まとめ

グラボのFANを何とかして直した話

ゲームしてたらなんかFPSが落ちるな。そしてすごく暑い。
とおもってHWMonitorを起動したら、なんとGTX960のコア温度が100度超えてるにもかかわらずファンが200RPMぐらいでしか回ってない??!!
急いでゲームやめて、設定アプリで無理やりFANを100%に設定してもあまり回転が上がらず温度が高いまま。

これはまずい…。

とりあえず、いったん外してシリコンスプレーを軸受けに吹いてみたら、とりあえず3000RPM近くで回るようになりました。

田宮のミニ四駆とかに使うグリスを前使っていたのですが

どっかにいっちゃったので、とりあえずエアガンのメンテナンス用スプレーを吹いておきました。

ちなみに、クレ556とかはプラスチック溶かしちゃうのでダメらしいです。

CPUファンとかにグリスを塗るのは結構あるみたいなんですが、分解すると調子悪くなるんですよね。
というか、調子悪くなる前にグリス塗らないと、軸受けが摩耗してダメになってしまうんですよ。
全開で回すと微妙に振動があるようです。

実は、分解するのは3度目。前回塗ってから3か月ぐらいたってます。
そろそろ限界かな。

ちなみに、VGAはこれ
ZOTAC Geforce GTX 960 Single Fan 4GB
https://www.ask-corp.jp/products/zotac/nvidia-graphicsboard/geforce-gtx960/zotac-geforce-gtx-960-single-fan-4gb.html


アマゾンではありえない価格になってますが、たしか買ったときは23000円ぐらいだったと思います。

保証もぎりぎり切れちゃってたので、前回は分解して対応したのですが、交換しないとダメっぽいな。
PCケースファンは汎用品なのでその辺で売ってますが、VGAのものはカスタム品なので簡単には手に入りません。
こういう、PCIスロットにつけるやつで冷やすのもありかなとは思ったのですが、

ファンつけないとエラーになるかなぁ?と思ったのでとりあえず保留。
アマゾンからサイズや形が似通ったこちらを買ってみました。

なんかギガバイトとか書いてありますが(笑)

で、届いたのがこれ

せっかくなので、ヒートスプレッターも外してグリスを塗り直します。
GPUダイを綺麗にして。

組み込み。

サイズは大丈夫そうなのですが、ファンを止めるネジ穴の位置がずれてました。
新しいFANはもっと大きなネジで止める仕様なようですが、一応固定はできているのでまぁこれで良いだろうと判断。

いままでケースは外して運用していたのですが、元に戻しました。

大きさもちょうど良かったようで、問題なくケースに収まりました。

PCにつけて試運転してみましたが、ファンもちゃんと前と同じぐらいの回転速度出回っていますし、異音や振動もありません。

二千円程度で修理できるなら。。まぁいいかな?
あと1年ぐらいは持ってほしい。というか、次のGeforceはいつ出るんだよ。冬に出る春に出る夏に出る・・・って噂ばかりで全く発表されないんだよねー。
2018年6月現在、1000番代のGTXの生産はもう収束しているっぽくて、店頭にあまり出回っていないんだよね。Tiがついたものはまだ生産しているのかな?
なんにせよ、壊れる前に出してホシィ。

コメントは受け付けていません。