英語のサイトを特定部分だけ和訳させて表示させる方法

スポンサーリンク

プログラミングなどの文献は英語で書かれていることが多いので、読むのに苦労する場合が多いかと思います。それなりに英語ができる人でも、ちょっと単語がわからなかったりすることもありますよね?

そんな時、Google翻訳を使うと非常に便利ですよね。
ただ、文章をコピーしてGoogle翻訳のページを立ち上げて張り付け…というのはちょっと面倒すぎ。chromeを使っているのであれば、右クリック->日本語に翻訳でページ全体を翻訳することもできます。
ニュースサイトなどであればそれでいいんですが、プログラミング関連のサイトだとソースコードも一緒に翻訳されてしまって何が何だか分からなくなってしまうことがあります。

そんな時に便利な機能を紹介します。
※ただしchromeに限る

google翻訳chrome拡張

まずは、Google翻訳のchrome拡張をインストールしましょう。
このままでも使えますが、もっと便利に使うために以下の設定をします。

Chromeの右上の拡張機能管理アイコンをクリックして、Google翻訳を選択
chrome 拡張機能

この画面で”拡張機能オプション”をクリック

Google翻訳

オプション選択の画面で、”すぐにポップアップを表示する”に変更して保存ボタンを押す。

Google翻訳 拡張機能オプション

これで、英語のサイトで翻訳したい部分を選択するると自動的に翻訳結果がポップアップで表示されます。
試しに、Laravelの英語リファレンスを翻訳してみました。

Laravelのドキュメントを翻訳

Google翻訳はかなり精度が高いとはいえ、専門用語が混じると変な訳になってしまうこともあります。ページ全体を翻訳すると、元の文章が無くなってしまいますが、これを使うと元の文章も表示されるので、おかしな訳になってしまっても翻訳しやすいのが良いですね。
英語の勉強にもなると思いますので、ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました